【初心に戻って】自分の軸足はどこに起きますか? 軸足を決めてみませんか? ⑤

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コインチェックの口座開設が熱い!

自分も開設してお小遣い稼ぎました!

~~~~~

ここで、情報収集をしているということは間違いなく相当マニアックですw

行動をしていない人は、少しだけ行動することをおススメします。

自分は野球は好きじゃないですが、イチローさんの

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」

には共感を覚えます。

自分も最初はクレジットカードを作って数万円を稼いでいました。

ちょっとした一歩目の行動をするだけで、お得に稼げることを続けていた結果・・・

兼業で月商300万~600万を続けています。

~~~~~

アーティスト型、インテリ型、信念型を昨日は説明しました。

この3タイプを意識した発信は有効でございます。

~~~~~

【初心に戻って】誰もが情報発信ビジネスが学ぶ必要性とは? ①

【初心に戻って】絶対に情報発信ビジネスで稼げない人たちの特徴3選

【初心に戻って】情報発信で稼ぐには「結果、稼げてた」がゴールの理由

【初心に戻って】情報発信ビジネスで稼げる人たちタイプとは? ④

~~~~~

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・自分の軸足はどこに置きますか?

・恥ずかしいのに我慢できる方法

・まとめ

自分の軸足はどこに置きますか?

皆さんはどのタイプが自分に合っているか考えましたか?

自分は信念型に軸足を置きつつ、アーティスト型を積極的に取り入れたいと考えています。

でも、最初は恥ずかしいから、顔出しNGでインテリ型で行こうかな?

なんて考えたこともありました。

でも、三浦考偉メンターが仰るには、「みんな恥ずかしがりやだから、アーティスト型を嫌がると思う。でも残念ながらこのタイプが一番早いし、何でも売れる人になる」と仰っていました。

確かにアーティスト型トップの実力者ヒカルさんはブランドの服を売っていますよね?

その前は、VALUという自分の価値を売り出すサービスを利用しています。

VALUに関しては色々と問題はありましたが、目をつけるところはそこじゃありません。

「何でも売れている」←ここです!

多分、ヒカルさんのVALUを購入した人の中で、仕組みを完全に理解して購入した人は少ないと予想されます。

よくわからないものまで購入させることができる。

アーティスト型の恐ろしい一面だと感じました。

使い方によっては身を亡ぼすんじゃないかと感じています。

皆さんはどのタイプが似合っていると感じていますか?

もし迷う場合は、近しい人に聞いてみるのも悪くないと思います。

恥ずかしいのに我慢できる方法

三浦考偉メンターはFacebookをしている人を馬鹿にしていました。

でも、アーティスト型になるにはSNSが必須条件です。

だから、本当に嫌だったことにチャレンジしたそうです。

自分は、SNSで顔を出すことや発信することはイヤという感情はありません。

ただ、イマイチ面白さが解らない!

自分の投稿が沢山の人に見てもらえ、イイねをもらえるのは悪い気がしません。

でも、躍起になるほどのことなのか?

若い奴の言うことは解らんw

と、急に老け込んでしまいます。

でも、恥ずかしさと同様で、投稿すべき理由があります。

それは、「仕事」だからです。

皆さんも、「稼ぎたい」から情報発信を勉強していませんか?

そうなった時に、恥ずかしさや、楽しさというのは二の次でございます。

だって、これはビジネスであり仕事だからです。

自分の発信の属性上、本業を持っている読者の方も多いと思います。

もし後輩が、「恥ずかしいからしません」「この仕事は楽しくないからイヤです」といったらどう思いますか?

自分だったら確実に、「仕事だから、お金貰っているからやらなきゃ駄目だよね」って思ってしまいます。(勿論、伝え方は変えますけど)

ゴーマンかましてよかですか?

誰かに見られたくないですか?

なにをそんなに守りたいですか?

そもそもそんなに有名人ですか?

ネットで叩かれる、炎上するのが怖いですか?

あなたの守りたいプライドが、「稼ぎたい」を上回るのですか?

まとめ

自意識過剰すぎは情報発信者で成功できません。

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする