【企画の王道編】 王道も知識を楽しく学ぶためにワークをやってみた ⑥

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ここで、情報収集をしているということは間違いなく相当マニアックですw

行動をしていない人は、少しだけ行動することをおススメします。

自分は野球は好きじゃないですが、イチローさんの

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」

には共感を覚えます。

自分も最初はクレジットカードを作って数万円を稼いでいました。

ちょっとした一歩目の行動をするだけで、お得に稼げることを続けていた結果・・・

兼業で月商300万~600万を続けています。

~~~~~

今回のワーク、なんでラジオCMだったと思いますか?

~~~~~

以前の記事はこちら

【企画の王道編】 王道というだけで2割程度しか使わない。①

【企画の王道編】 王道も知識を楽しく学ぶためにワークをしてみませんか?(準備運動) ②

【企画の王道編】 王道も知識を楽しく学ぶためにワークをしてみませんか? ③

【企画の王道編】 王道も知識を楽しく学ぶためにワークをやってみた ④

【企画の王道編】 王道も知識を楽しく学ぶためにワークをやってみた ⑤

誰もが使える万能スキル=企画力について興味はありませんか? まとめ

~~~~~

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・なぜラジオCMを選んだのか?

・企画の王道編の結論

・ターゲットは伝染する

・まとめ

なぜラジオCMを選んだのか?

自分は文字を主体とした、ブログで情報発信しています。

そうなると、見ている読者様も文字で情報を受け取っています。

そう考えたときに、TVCMを選ぶとビジュアルが重視されてしまうと思ったからです。

文字を考える=ライティング能力を上げる

企画力を上げる=文字で起こす

ラジオという条件を設定することで、音だけの情報伝達になる。

TVCMを作るときのように、ビジュアルでタレントを選ぶような選択肢が減るので企画が作りやすいと思いました。

しかし、よーく考えると・・・

ラジオという媒体は「高齢者向け」過ぎたw

かといって、「Voicy」は若者過ぎる。

これって、ちょっと企画失敗していますかね?

もうちょっと後先考えて企画すればよかったです。

ただ、文字だけの企画というのは優秀です。

他のメディアに流用できるからです。

もし、皆さんが作った企画がTVCMに移行して、若者向けや高齢者向けになったとしても流用が聞きやすいともいませんか?

ルパンが古いなら、ワンピースで海軍に追われるルフィー一味に変えてもいいですよね?

企画の王道編の結論

①「企画」と聞くとクリエイティブやセンスが光ると思われがちですが、1番重要なのはリサーチです。

②「リサーチ」で広げたあとに、絞り切り、削ぎ落すことで、ターゲットが散漫ではないシャープな企画になります。

この業界でよくある例が、「転売属性」に売りたいのか?「副業サラリーマン」に売りたいのか?滅茶苦茶になっている企画です。

もし、同時に取りに行く場合は、1日目は「転売属性」へ、2日目は「副業サラリーマン」への企画(情報発信)を計画しましょう。

ただ、情報発信する皆さんの気持ちもわかります。

「これだけ時間をかけて作り上げてきたのだから、たくさんの人に知ってもらいたい」

「そして、儲けたい!」w

だって、そのために今まで行動してきたんですもんね?

その方に朗報があります。

ターゲットは伝染する

元芸人の島田紳助さんもおっしゃっていましたが、「寄ってくる女性のファンより、その奥にいる男性のファンを増やせ」です。

芸人が売れた時に寄ってくる女性のファンは流行りで動いています。

そのため、時期が過ぎると過ぎ去ってしまいますし、女性を相手にしていると男性からは「調子に乗ってるなコイツ」と思われてしまいます。

そうなると、ブームが過ぎたあとには、ファンは誰一人として残りません。

しかし、「奥にいる男性のファン」を増やすことで、その男性と交友関係のある女性見込客ももファンになる可能性が高くなります。

もし、彼氏や夫が「お笑いライブ」を見に行こうと、誘ってきたら一緒に「お笑いライブ」に行く女性は多い思いませんか?

結局、エッジが立つことによってターゲットは伝染します。

まとめ

企画では八方美人は受けない

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする