【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 心を見透かすマーケットリサーチ編 市場リサーチとは? ⑫

~~~~~

マーケットリサーチの種類は主に3つになります。

①市場リサーチ

②競合リサーチ

③自己リサーチ

です。

引き続き、①市場リサーチについて説明していきます。

今日は、市場のお客さんに直接聞く方法を紹介します。

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・直接的に市場のお客さんに聞く方法

・まとめ

直接的に市場のお客さんに聞く方法

もし、身近にあなたの見込み客になりそうな、

「ターゲット」

が居れば、直接聞くのも1つの手です。

でも、直接聞く人数が10人以下なら参考程度にすることをおススメします。

なぜなら、データいうのは量があってこそ意味を持つからです。

株式会社りらくる創業者、竹ノ内社長もこの方法を使われていました。

竹ノ内社長は、

「高級食パン」

が、絶好調の時に参入するかどうかを、お客様に直接聞くことで決定されたそうです。

自ら、

「高級食パン」

購入のため並んでいる人の元へ行き、

「なぜ購入するのか?」

と、質問したそうです。

その結果、手土産にするだけでなく、自分で食べる、

「自己消費」

を、目的とした購入者が多いことに気づいたので、既にレッドオーシャンであったにも拘らず参入を決められたそうです。

後述することになるとは思いますが、

「直接的に市場のお客さんに聞く」

と、潜在ニーズに気づくことが多いです。

この方法は、部下のマネジメントにも流用できます。

例えば、みんなの前では意見しない部下や、自分の考えを言語化できない部下もいます。

その時に、こちらから気持ちや思考を引き出すことで新たな発見があります。

まとめ

直接何度も会って会話することで、深い情報が得られる

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする