【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 感情をコントロールする文章とは何なのか? ④

~~~~~

昨日は、

「どんな人にでも刺さる文章」

と、言うものがない。

ことを、説明しました。

~~~~~

【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 感情をコントロールする文章とは何なのか? ①

【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 感情をコントロールする文章とは何なのか? ②

【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 感情をコントロールする文章とは何なのか? ③

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・明確なターゲットを定める

・まとめ

明確なターゲットを定める

「どんな人にでも刺さる文章」

が、無いならば、刺さる人(ターゲット)をめがけて文章を作成するほうが簡単であり、効果的です。

まず、

「売る商品」

もしくは、

「ターゲット」

の、気持ちを考えることから始めます。

そして、気持ちを考えたうえで、

「寄り添う」

文章を作っていきます。

そうすることで、

「誰に書いているのか?」

が、明確になります。

この時の、

「誰に書いているのか?」

を、できるだけ詳細に設定することで、より具体的な文章が書けるようになります。

すこし、寄り道的な話になりますが、

「条件を絞る」

と、いうことがとても大切です。

例えば、誰かと食事をするとします。

読者様はどの店を選びますか?

・・・

・・・

・・・

頭の中に、色々なお店が浮かんだのではないでしょうか?

でも、この、

「誰か」

というものが、

「親しい友人」

という条件だったらどうでしょうか?

行く店が少し絞られたと思います。

そして、その友人はお肉が好きで、よく食べる。

あまり金銭に余裕のない学生。

会う時間は昼ご飯時。

場所は駅前。

と、条件を絞っていくと行く場所が絞られていきます。

これは、ライティングでも一緒です。

「年齢」

「性別」

「職業」

「婚姻の有無」

「子供の有無」

「出身地」

「居住地」

などが条件にあることで文章を書く際にイメージもしやすいです。

そして、より読み手の感情を動かせる文章となっていきます。

最後に、どこまで条件を落とし込むかの例題を見て終わりにします。

例えば、

「腰痛を治す商品」

を、売りたいとします。

この時に、

「高齢者」

に、ターゲット設定すると条件が広すぎます。

そのため、

「長野県在住」

「年齢80才」

「娘が1人いるが別居中」

「娘とはコロナウイルス感染の影響で3年会っていない」

「夫は持病で長く入院中」

「季節は冬」

「広い持ち家で1人」

「季節は冬」

「寂しさを抱えながら生活をしている」

「足腰は弱くなってきた」

「腰痛がある」

このような、条件があったら思い入れのある文章が書きやすいと思います。

まとめ

熱がこもった文章を書くために、まずは「ターゲットに設定する」「特定の
人」を作ってみよう。

 

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする