部下にインプットを血肉化させる方法 プロセスレコードを頭の中で組み立てる【看護師実践編】

プロセスレコードで知っていますか?

あまりにも、マニアックすぎて知らない人も多いと思います。

でも、これが頭の中にあると、順序だてて部下を育てることができるので知識として知っておくのはありです。

今日はプロセスレコードとは?なんなのか?

そういった疑問に解りやすくお答えします。


~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

~~~~~

✔本日の記事内容

・作った人

・使い方は簡単

・実際、これを看護学生が使うとこうなります

・まとめ

作った人

プロセスレコードとは、ヒルデガルド・ペプロウ(1952)によって提唱された、看護の臨床の現場における、対人関係とくに看護者と患者の間の相互作用にかんする文章による記録のことである。この記録の形式は、アイダ・オーランド(1972)による、看護過程論(nursing process)による議論を受けて、看護者が患者の(対人相互作用による)行動を、知覚分析し、それにもとづいて、看護者がどのように行動をおこなったかを、出来事の後で、内省的な観察を加えて記述する方法へと洗練化された。また、プロセスレコードを看護者の内省的観察を実践する際に、アーネスティン・ウィーデンバック(1962)は、5つの自己評価項目を標語化(つまりテーゼ化)し、プロセスレコードを記述することを、一連の行動の連続(シークエンス)をひとかたまりの単位(ユニット)として抽出すること、ならびに、それらの一連の行動を、ひとつの意味のある(=分析に値する)行動と知覚の連鎖として記述するという技法の形にとりまとめられることを明らかにしている。

看護の教科書では有名な人ですが・・・

この記事を書くことになって、初めてご尊顔を拝見しましたw

ヒルデガルド・ペプロウさん・・・女の人だったんですねw

そして、定義が難しすぎて

「チョット何言ってるのかわからないです」→できの悪い後輩すぎか?

使い方は簡単

作った人は、歴史的な偉人ですが、使い方は超簡単です。

だって、成績下の下の俺が理解できるくらいですから!

①患者の言動

②学生の感じたこと・考えたこと

③学生の言動

④評価・考察

なんだこれ?

学生用じゃん?

だから使いやすいんです。

馴れてくると、頭の中でこれに記入するだけで、相手の成長を促せるようになります。

実際、これを看護学生が使うとこうなります。

ちょっとわかりやすく、精神科で妄想のある人に困ったときの対応で説明します。

この場面を取り上げた理由

・患者さんと会話が成立しなかった。

・話が続かなかった。

場面の状況説明

・患者さんの自室で2人で話していたら、ベッドで寝ない理由をそっと教えてくれた。

①患者の言動

「僕は、ベッドで寝れないんだよ。だって、ここに小人さんがいるから潰したりしたら危ないでしょ?」

②学生の感じたこと・考えたこと

心の声

(は?小人?どこに?これって触れちゃいけない領域か?)

(精神科看護では妄想は否定も肯定もしてはいけないルールだから、なんていえばいいんだろう?)

(無理だ、部屋から出よう)

③学生の言動

何も言わずに立ち去った。

④評価・考察

精神科看護ではよくある場面ですw

その場面をきりとって、あとで皆で話し合うことになります。

たとえば、

「何も言わずに立ち去られた患者さんの気持ちとか」

「私もそうなると思うとか」

「わたしは、もっと聞きたい!」

そして、みんなで解決策を模索します。

こういった作業をわかりやすくするために使うのが、プロセスレコードです。

様々な現場で使うとこうなります

自分は、良い時も悪い時も、部下の指導にこれをよく使います。

この場面を取り上げた理由

いつもちょっとしたことに気づかない部下が、まとめて仕事できたとき

場面の状況説明

マルチタスクで仕事できない部下が、部屋の掃除後に消臭剤も交換できていた。

そのため、なんで消臭剤を交換したのか尋ねてみた。

①部下の言動

「え?だって臭いにおいが充満していたし、中身がなかったから」

②自分の感じたこと・考えたこと

心の声

(いつもは気づけないのによくきづいたなぁ)

(これはこの良い行動を強化するチャンスかもしれない)

(このスタッフは男性なので、みんなのいる前で褒めたほうが効果的だろう)

③自分の言動

「自分も前からその匂いが気になっていたんだよ。忙しい中でそこまでしてくれてありがとう」

詰所の中で、少し大げさだが嬉しかったことを伝える。

①部下の言動

「あーそうなんですね」

照れながら嬉しそうな表情で、現場に戻っていった。

④評価・考察

その後、彼は消臭剤を頻回に交換してくれるようになった。

小さいことだが、他のスタッフから感謝されるようになった。

自己肯定感が少し上がったように見える。

でも、ベテランスタッフからは

「そんなことで褒めて!上司なのに甘い!」

と、思われていたかもしれない。

褒める場所を考えればよかったかもしれない。

訓練すると、こういった思考が、瞬時に頭の中で駆け巡ります。

もし、彼の行動を言語化(アウトプット)させなかったら、良い行動は強化されてなかったかもしれません。

彼の発言で「え?だって臭いにおいが充満していたし、中身がなかったから」は普通のことですが、その小さい行動を見逃さずにアウトプットさせることが、より良い職場にに繋がります。

どの場面でも使える方法なので、ぜひ試してみてください。

まとめ

プロセスレコードは使える。ありがとうぺプロウさん

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

本は耳で聞く時代になりました。無料の間にぜひ試してみましょう!

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする