【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! 心を見透かすターゲットリサーチ編 5つの方法を紹介します ⑯

~~~~~

今日は時間があるので長めの記事が書けそうな予感。

~~~~~

コピーライティング記事一覧

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・5つの方法その1つ、書籍

5つの方法その1つ、ネット

5つの方法その1つ、対面での会話

・まとめ

5つの方法その1つ、書籍

興味はあるけど全く触れたことのない業界や文化に参入する場合は、

「書籍」

が、鉄板です。

理由は、簡単かつ低コストで、

「知識」

を、得られるからです。

しかも、Amazonなどのネットショップを使用すれば、探す時間や購入までがスムーズなので、

「知識」

を、得るスピードも速くなります。

興味のある分野の書籍は読んでおくに限ります。

5つの方法その1つ、ネット

・メールマガジン

・SNSの書き込み

・ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)

などになります。

このあたりは、

「トレンド」

を、掴む上で重要です。

現在、

「韓国コスメ」

「韓国料理」

が、とても流行っています。

この流れをいち早く知っておくことができたなら?

「先行者利益」

を、掴むことができます。

時代の流れに敏感な情報源に触れておくことは、

「成功のチャンス」

を、リサーチしていることと同じです。

そのために、

・メールマガジン

・SNSの書き込み

・ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)

は、非常に効果的ですが、デメリットもあります。

それは、情報自体が、

「玉石混合」

だからです。

どの情報が、

「正しく」

て、どの情報が、

「正しくはない」

のか?

こういったことが、判断できないのであれば、情報にある程度の信憑性が担保されている、

「雑誌」

「書籍」

から、情報収集を行うほうが効率的だと思います。

5つの方法その1つ、対面での会話

なぜ、会ってまで情報を収集するのか?

それは、誰もが自分の悩みを自覚していないからです。

「潜在ニーズ」

を、掘り起こすためには、対面での会話が必要となります。

これは、人事考課に似ています。

自分は、何十回、何百人と面談をしてきました。

そのなかで、

「本当はこうなりたいと思っている」

と、明確に自分の問題や目標を自覚できている人は非常に少ない印象です。

毎日している仕事ですら、このレベルです。

なんとなく、

「痩せたい」

とかと思っている、見込み客は、

「自分自身のニーズ」

にすら気づいていません。

例えば、

「なぜ痩せたいのですか?」

と、質問したとします。

すると、

「足が太いから」

「お腹が出てきたから」

「顔を小さくしたいから」

など、表面的な答えは返ってきます。

しかし、なんで、

「足が太いから」

「お腹が出てきたから」

「顔を小さくしたいから」

を、解消したいのでしょうか?

それは、問題を解決することで、

「現状から理想」

近づくためです。

少し抽象的なので、具体的に書くと、

「お腹が出てきたから」

を、解消すると、

「夏に水着を着てカッコイイ立ち姿で海に行きたい」

「異性にモテたい」

と言った願望が出てきます。

他にも、

「顔を小さくしたいから」

は、

「一瞬で異性の目をこちらに向けたい」

と言った、願望になります。

ただ、見込み客は、

「本音を言うのは恥ずかしい」

ので、口から出すことはありませんし、言語化できない場合も多いです。

この、心理を利用して、

「ポイント」

を、押さえたコピーを書くことができれば、成約率の高い文章が書けるようになります。

最も効率よく見込み客に合う方法として、

「コミュニティー」

への、所属をおススメします。

例えば、自分は、

「お金を稼ぎたい」

と、日々思っています。

そのため、稼ぐことをテーマにした色々な、

「コミュニティー」

に、参加しています。

すると、そこに、

「ノウハウ」

を、売りに来る人がいます。

すると、自分自身は興味を持ってその情報を確認してしまいます。

脊髄反射を起こしてしまうのです。

それは、

「ノウハウ」

を売る側が、

「悩み・願望の候補」

の中から、選んでコピーに盛り込んでいるので、

「コミュニティー」

の、なかで、

「脊髄反射が起きる」

と、言うことになります。

「コミュニティー」

に、参加するということは、ターゲットの悩みが見えるようにもなるし、さらには自分のことまでも理解できるようになるということになるのでございます。

まとめ

「コミュニティー」への参加は一石二鳥。

ただし、本質を忘れないようしないと、ノウハウコレクターまっしぐら!

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする