【コピーライティング】相手の脊髄を反射させろ! リサーチをしてターゲットを丸裸にする方法 ⑦

~~~~~

「どの文字を使うか?」

これをもう少し、深堀したいと思います。

~~~~~

コピーライティング記事一覧

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・見慣れている言葉を使う

・コピーには限界があることを知ろう

・まとめ

見慣れている言葉を使う

最近では、Twitter、Instagram、Facebookなど、SNSを利用する人が多くなりました。

そこで、意識してもらいたいのが、

「使われている言葉」

です。

SNSで使われている言葉や文字を利用するほうが、

「ターゲット」

には、自然に目に映ります。

たとえば、若い女性にコピー(広告文)を書くとしましょう。

「この商品はご存じですか?」

と、書くと固さがあります。

少し他人行儀に見えます。

でも、SNSであるような、

「これ、知ってる?」

ぐらいのノリの良い文章の方が、自然であり反応が良いことが多いです。

言葉遣い1つで、コピーは表情が変わります。

そのため、相手の反応も変わってきます。

スマートフォンの普及で、文字を目にする機会は増えていますが、

「見ている文字」

は、ターゲットで変わります。

最近のコピーライティングは、

「ターゲット」

とお、親和性も考えて文字を選ぶとより効果的です。

コピーには限界があることを知ろう

実は、web上のコピーライティングには限界があります。

webというその性質上、対面でのセールスに劣る部分が、

「そもそも抱えている悩みを解決したいと思っていない」

そんな人には、どんなに頑張っても商品を売ることができない。

と、いう点です。

対面でのセールスであれば、

「本人も気づいてない問題点」

などを、会話の中で気づかせることも可能です。

しかし、web上という、読み手がいつでも自分のタイミングで、

「離脱」

できる環境では、読み手が欲しいとも思っていない商品を無理やり買わせることは不可能に近いと思います。

この限界があるため、ターゲットの悩みを深く知ることが重要でございます。

まとめ

じゃぁ、どうやってリサーチをすればいいの?

それは、明日から一緒に学びませんか?

 

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする