インターネットメディアビジネスで最速で稼ぐ「知識」の効率的な手に入れ方とは? ②-1 情報源はどこにあるのか?

~~~~~

今日は、有料の情報源も紹介します。

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・情報源はどこにあるのか?

・有料の情報源

・上手な無料との付き合い方

・まとめ

情報源はどこにあるのか?

③無料レポート(メルぞう)

有益な情報を無料で配布してくれるサイトです。

しかし、タダより高いものはありません。

勿論、読みたいレポートを取得する際には対価が必要になります。

必要な対価は、

「自分のメールアドレス」

です。

自分も何回か無料レポートをダウンロードしたことがありますが・・・

その後には、沢山のメールやメルマガが届き始めます。

ついでに、広告も届いちゃいます。

登録の際は、捨てアドを作成してからの登録をする方が無難です。

④無料オファー

セミナーやコンサルを一定期間お試しすることができるイメージです。

有料の情報源

①ダイレクト出版

有料の中でも安い部類に入ります。

裏技を使えば儲かるまであるので、一概に安いとも言えません。

アフィリエイト会員に登録後、この本を友達に無料購入してもらえば・・・

「あら不思議?」

報酬と本が手に入ります。

そして、本も売ってしまえば・・・

ゴミすら出ません。

上手いこと使用すれば、儲けながら勉強もできてしまいます。(本によるけど)

ちなみに、この情報は有料商材だったりします。w

②情報商材 ③高額塾 ④コンサル

この辺りは、値段が格段にあがります。

しかも、当たり外れが激しい!

そのため、最初に選択肢に入れない方が良いと思います。

まずは、

「無料レポート」

「無料オファー」

「ダイレクト出版」

以上で十分です。

成功するために、心を鬼にして無料を使い倒しましょう!

そして、

「タダなので褒めてあげよう!」

最近、楽天モバイルが無料じゃなくなった時に、鬼のように手のひらを反す人たちを見てきました。

「あれは、チョット鬼すぎる」

そう思っています。

無料で使ったので、

「褒める」

ぐらいの余裕はあっても良いと思いませんか?

そういう意味での、

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

今日は、有料級の情報も出したので応援もどうでしょう?w

上手な無料との付き合い方

①無料レポート

数々のスタンドはありますが、

「メルぞう」

1本に絞ってもいいと思います。

レベルの高い・低いが乱立していますが、あくまで無料なので腹を立てないようにお願いします。

そして、ハズレを引いたとしても

「今後の活動の参考になった」

そういう思いで続けましょう。

そして、メールアドレスは捨てアドで登録しましょう。

この方法で行った後に、情報発信者を取捨選択しましょう。

有益な情報を提供してくれる人、感度の合う人に関しては、本当のメールアドレスで登録しなおしましょう。

この方法は、情報も手に入ります。

そして、相手が仕掛けてくるセールスも学ぶことができるので、一石二鳥だったりします。

無料オファー

質が高いものが多いです。

理由はシンプルで、

「仕掛けている側もお金を投資」

しているからです。

広告なども打っているので、お金がかかっているので質が高くなります。

そして、オファーを受けたあとには、

「バックエンド」

が、あります。

そのため、

「バックエンドありき」

で、参加してください。

③ダイレクト出版

自分たちが(英語版で)読んで、役に立った本、
実際に使ってみて成果が出た本だけを翻訳&出版しています

出典:ダイレクト出版

今まで、3冊購入しましたが、どれも良書の部類に入ると思います。

ふるいに掛けられているのは本当だと思います。

ただ、ダイレクト出版の本は、総じて

「読みにくい」

と、思っています。

なんか、起承転結がないんですよ。

教科書のような気がします。

自分は、興味のあるところから読んで、あとは辞書のように使っています。

このブログの中にも、活かされている部分は多いです。

まとめ

全部試したら儲かるまである!

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする