何度もススメます。 情報発信をするべき理由を脳に焼き付けろ!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コインチェックの口座開設が熱い!

自分も開設してお小遣い稼ぎました!

今は7000ポイント下がってしまいました。

しかし、手数料を差し引いても8000ポイント(8000円)は15分くらいで稼げますよ!

~~~~~

ここで、情報収集をしているということは間違いなく相当マニアックですw

行動をしていない人は、少しだけ行動することをおススメします。

自分は野球は好きじゃないですが、イチローさんの

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」

には共感を覚えます。

自分も最初はクレジットカードを作って数万円を稼いでいました。

ちょっとした一歩目の行動をするだけで、お得に稼げることを続けていた結果・・・

兼業で月商300万~600万を続けています。

~~~~~

blogを書いていますか?SNSで発信していますか?

「特に書くことがない」

「人の役に立つ情報なんて持っていない」

そんな人は、日常であったイヤなこと、良かったことを書いてみましょう。

そして、その記事は非公開にしておいけばいいだけです。

最初はアウトプットする癖をつけましょう。

そして、それを続けて、1年後、2年後進化したのか?それとも停滞したのか?

自分を振り返ることができます。

皆さんは仕事や生活で忙しいと思います。

副業をしている人は更にやらなければいけないことだらけです。

忙しい日々を過ごされているので強要はしません。

でも、あなたの今している仕事は永久に存在しますか?

もし、あなたが一人で働かなくては行けなくなった時に、「あなたという名刺がweb上に存在したら?」それは、とても良い名刺になるとは思いませんか?

もっとうまくいけば、色々な人があなたのもとに集まっている可能性も十分にあります。

~~~~~

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

✔本日の記事内容

・ROM専ばかりのこんな世の中じゃ

・結局は・・・

・まとめ

ROM専ばかりのこんな世の中じゃ

昨今、ユーチューバーの台頭は目覚ましい。

それを目の当たりにしていない人はいない。

それなのに?

え?あなたも見てるだけなんですか?

草食系ですか?

だったら、声高に情報発信した人だけが勝ちますよね?

時代の流れ読めていますか?

100人いたら1人に届いたら勝ちですよ?

それでも情報発信しませんか?

最初からうまく情報発信できる人なんていません。

最初から上手に記事を書こうなんてマジで無理だと思います。

しかも、読者様に有益な内容を届けたい。

そういった方向性に限定されると想像力が必要です。

それを最初からできたら天才です。blog書いてアフィリエイトしたら簡単に年収1000万超える天才ですw

なのに、blog投稿しても1人しか見ていない。

SNSのイイねが凄く少ない。

とか、思いがちです。

逆です、最初に1人見てたら勝ちです。

イイねも1人いたら勝ちです。

充分踏み出せています。

このぐらいの期待値で更新しないので残念な気持ちになるだけです。

誰と比べているんだろう?

自分の心に聞いてみてください。

結局は・・・

インプットしてアウトプットする。

裸の発信をする。

そしてこれを継続する。

これしか勝たん!!!(現代風)

もし、他の方法で簡単なものがあったら連絡が欲しいw

買う!

自分たちは、イチローや大谷翔平や松本人志みたいなとこまで行かなくていいんです。

あの世界まで行くには、0.001%くらいの確率なのか?もっとかも?

そう考えると自分たちは簡単に成功します。

少なく見積もって成功率30%くらいはいくと思います。

だったらチャレンジする価値はあると思いませんか?

当たり前の話なのですが、皆さんは日本語が読めて話せますよね?(馬鹿にしてるわけではないですよ)

だったら、スタートラインは誰もが一緒です。

勿論、魅力的な文書や楽しい文章が書けることに越したことはありません。

が、裸の発信も悪くない。

十分伝わる。

むしろ、そのほうがいいかもしれん。

以上の理由から、情報発信を始めてみる気になりませんか?

まとめ

年末にこのblogの成長ぶりを報告します。

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

今日が人生で一番若い日です!

みなさん気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする