広告構造の「パクリ戦略」 ターゲット選定&戦略 具体的な正解はこれです 第4-2章

三浦考偉メンターの思考を自分なりにかみ砕いてみたけど、天才のすることはよくわからんw

ただ、そのプロセスや、効果は学ぶことができる。

広告構造の「パクリ戦略」のメリット&デメリットはお伝えできたと思います。

昨日に引き続き、正解の2例目をお伝えしたいと思います。

~~~~~

応援のポチっとお願いしいます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

電子書籍1位にランクイン!

YouTubeチャンネル登録者も100万に突破!

読まない理由がない!

自分は、面白く、解りやすいので、プレゼント用に4冊、自分用に電子版を1冊購入しちゃいましたw

~~~~~

本は耳で聞く時代になりました。無料の間にぜひ試してみましょう!

~~~~~

第1章はこちら

広告構造の「パクリ戦略」 三浦考偉メンターの事例を自分なりに解釈してみた 第1章

第2章はこちら

広告構造の「パクリ戦略」 スタート時点で何が起きるか? 第2章

第3章はこちら

広告構造の「パクリ戦略」 この戦略の注意点と応用方法とは? 第3章

第4章はこちら

広告構造の「パクリ戦略」 ターゲット選定&戦略 具体的な正解はこれです 第4章

✔本日の記事内容

・坂本幸一さんの場合

・キャッシュポイント=ブランディングではない

・まとめ

坂本幸一さんの場合

坂本幸一 (@cousyodou) | Twitter

坂本幸一 Official Blog – 世界の架け橋となる書道家 坂本幸一
ブログ見ました?

もはやプロというか一瞬で引き込まれるブログでした。

自分は「これ、TVに出る人やーんってなりました」w

一瞬でそう思わせるブランディングがほんとに凄い!

そんな坂本さんの、真の「自己啓発」戦略

坂本さんより書道はうまくないけど、メディアに出ている人はたくさんいるそうです。

坂本さんも「書道に真っすぐ向き合いたい」という希望がありました。

ただ、認知度としては坂本さんは格下になります。

そこで、どう差別化を図るか?

小玉歩さんが出した答えが、

「自己啓発をプラスしよう」

自己啓発?自分にはよくわからんw

理由は、日本の文化という書道に真剣に向き合うことで、もちろん字が綺麗になります。

それを通じて、自分が成長をする。

綺麗に正々堂々と生きれる人間になる。

そして、坂本さんは本当に誠実で真っすぐな人柄だからできるブランディングだそうです。

Facebookで文章を読んでも、その人柄が現れるような読みやすい分そうでした。

あと、海外向けのFacebookを立ち上げ、海外の人の名前を書く。

そういった、「海外に通じる書道家」としての活動(差別化)もされています。

こう考えると、既に書道自体が自己啓発という側面を持っていることは、すべての人が認識しています。

そこに、さらに自己啓発を前面に押し出す。

王道に王道を重ねる、相性が悪いはずがないと思いました。

やはり、小玉歩さんは思考のレベルが高いと感じられる戦略でした。

キャッシュポイント=ブランディング

自分のブログを見てくださる方の中には、

キャッシュポイント=ブランディングと思われている人もいるかもしれません。

しかし、「海外に通じる書道家」としてのブランディングは大きなキャッシュポイントにはならないようです。

では、なぜそんな活動をするのか?

答えは、簡単です。

「知名度や影響力を高める」そういった戦略でございます。

有名な話ですが、和田アキ子さんは不動産や飲食店経営でメチャクチャ稼いでいるそうです。

ただ、芸能界ではその姿を見ることはありません。

芸能界と不動産では、キャッシュポイントがかけ離れていると感じられると思います。

でも、ブランディングがあるからこそ、飲食店が繁盛し、良い物件が回ってくることになります。

まとめ

キャッシュポイント=ブランディングが直結するとは限らない。

先を見据えた戦略を意識する必要がある。

今日も、最後まで見てくれてありがとうございます!

みなさんもお仕事気を付けていってらっしゃいませ。

~~~~~

読みやすくて内容が濃い情報ばかりなので、初心者にもお勧めです!
自分はプレゼント用に4冊、自分用に電子版を1冊購入しましたw

電子書籍1位にランクイン!

YouTubeチャンネル登録者も100万に突破!

読まない理由がない!

自分は、面白く、解りやすいので、プレゼント用に4冊、自分用に電子版を1冊購入しちゃいましたw

本は耳で聞く時代になりました。無料の間にぜひ試してみましょう!

~~~~~

ポチっと、応援お願いできませんか?

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

~~~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする